三毛の助です。

朝5時に気づかなく、6時も気づかなく、9時になっていた。
熟睡?出来ていることは有りがたいことだ。

今日はやるぞ!と気合を入れて、先ずはウォーキングに出かけた。
途中で本屋による。
そこで、潜在意識の塗り替えの内容が出ている本を少し読む。

  • 目の前の起きている現象は、自分の反映
  • いつもの無意識のワンパターンの繰り返しが人生の繰り返しになっている
  • その自分の思い方を捕らえて気づきさえすれば人生が変わる

まあ、これは以前より知っていること。

でも、知っていること分かったことは全く別物で

私は知ってはいるが、分からない立場。


それが長い間続いている。

なので人生が変わらないのだとも自覚がある。


具体的内容では、


ある時、上司が色々と嫌なことをされて、不満がある社員がいた。

その状況を聞くと確かにイジメではないにしろ事実であるようだが、カウンセラーは、その社員の親との関係を尋ねた。父親とは関係がいいが、母親を嫌い、母親から文句を言われていると常に感じていることが分かった。


現在は離れて住んでいるが、潜在意識に「人は文句を言う、邪魔をするもの」という意識が刷り込まれていて、転勤しても転職しても同じような上司と遭遇して、母親と同じ環境を作り出していた。

その母親に対するイメージを払拭することで、関係が改善してしまい。

上司と上手い関係が保てるようになったという。


同じ繰り返しの境遇には、

知らず知らずの潜在意識のワンパターン地獄にハマっている。

それに、気づいたらしめたものだ。


他人は自分の鏡

とよくいうが、認めたくはないがそうなのかもしれない。


いつも、不思議に思うのだが、

もうこんな親にはならないと決めていて同じ人生を繰り返してしまう子。

極度に嫌う一方で、それが潜在意識に刷り込まれるのだろうか。


自分の両親は中流の普通の夫婦で父親は一つの会社を働き上げ仕事を一生懸命していた。母親は専業主婦で普通。弟も世間的にも普通で結婚して2児の父親です。

自分の人生は就職までは普通だったが、退職してからは流浪の民のような状況

仕事しては辞めたり、リストラにあったり・・・・確かに明確な目標もないまま生きてきたからかもしれないませんが・・・何がいけないのか・・・・

自分の根底にある潜在意識に刷り込まれた地獄ワンパターン思考が見えない。


ただ、自己否定・卑下が強いのは、よくわかる。

常に悲観して暗い。笑いが少ない。希望が無い。目標が無い・・・・などなど

そして生活が安定すると、それにどっぷりと浸かりその日暮らし・・・


この本では

何か出来事があったら、その時の自分の心の思いを捕らえることが一歩と書いてあった。


例えば


誰からか意見を言われた時

その時、自分がどう思ったか、

それが潜在意識とつながっているという


「あっ、また邪魔しやがって」

とか


「あーやっぱり自分は駄目なんだ」

とか


「そっとしておいてくれ」

とか


「俺は間違っていない」

とか



自分なら多分

否定されたように感じてしまうかもしれない


その否定されているという意識は子どもの時のトラウマかもしれないが・・・それが掴めない。

自分のこの自己否定の闇は深いように思う。


そんなことを思いながら歩いていた。


色々なところで人は住んでいる。

歩いていると見たことも無い風景に出会ったり発見があったり楽しい。


腰が痛くなり、公園等で休み休み帰宅。


3時間歩いていた(笑)約10Km。


ただ不思議だが日光に当たって歩いていると気分はいい。

太陽の光と運動は心を安定させるものがありますね。


帰宅後、遅めの朝・昼食をする

昨夜の残飯のオデンの残り一杯:殆どコンニャク・大根・白菜・長葱(笑)

と1枚残っていた食パン1枚。

そして、レタスとキュウリのサラダにショウガ酢とマヨネーズをかけて喰らう


oden

ちなみに昨夜の夕食は、
丼ぶり一杯の野菜たっぷりオデン。のみ(笑)


スーパー売れ残りおでんセットに大根、こんにゃく、白菜をぶつ切りを加えて煮て、食べる間際に長ネギを刻み入れて、七味をかけて喰らった。


おでんセット半額150円

大根1本100円

こんにゃく90円

白菜130円

長ネギ150円


この頃

思う。


独り暮らしの自炊。

注意しないと食費が高くついてしまう。

毎日、スーパーの売れ残りの半額になった弁当200円を食べている方が安くつきますね。


また

とりとめもないブログにになってしまった。



ブログランキングサイトです。
クリック参加お願いします。



人気ブログランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりぼっち日記へ
にほんブログ村